2017年11月 << 201712月 >> 2018年1月   年一覧   全一覧

日文研・アイハウス連携フォーラム

2017年12月8日第12回    日文研・アイハウス連携フォーラム

場所: 国際文化会館(アイハウス)講堂 (住所:〒106‐0032 東京都港区六本木5-11-16)
開始時間: 18:30
終了時間: 20:00
申込み: 要(先着順)
受講料: 無料
申込み方法: 国際文化会館ホームページよりお申込み下さい。
主催: 国際文化会館
共催: 国際日本文化研究センター
PDFダウンロード

内容

講演 「オーナメンタル・ディプロマシー: 明治天皇と近代日本の外交」
ジョン ブリーン   国際日本文化研究センター  教授

 近代日本の外交史の研究では、なぜ天皇の役割を取り上げず、明治天皇の研究も外交分野として扱わないのか。明治天皇を抜きにして近代日本の欧州・アジア諸国との外交関係を語れない、とブリーン教授は主張します。明治天皇は、権力関係の構築に欠かせないダイナミックな儀礼的役割を果たしました。なかでも注目すべきは、天皇による勲章の贈答儀礼です。天皇は欧州・アジアの君主・大統領から海外の勲章を受理し、日本の勲章を授与しました。こうした勲章の贈答は、君主間の関係を成立させる上で欠かせない戦略でした。
 本プログラムでブリーン教授は、王政復古から日清戦争の勃発までの時期を視野に入れながら近代日本の勲章制度の成立や勲章贈答の葛藤に光をあてます。とりわけ日本とロシア、日本と朝鮮、日本とイギリスとの外交関係にみる勲章の役割を検討し、明治天皇が近代日本の外交関係において能動的な役目を果たしたことをお話しいただきます。
※発表・コメントについては英語のみ、質疑応答については日本語または英語

コメンテーター スヴェン サーラ   上智大学  教授

  2017年11月 << 201712月 >> 2018年1月   年一覧   全一覧

日文研フォーラム

2017年12月12日第316回    日文研フォーラム

場所: ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間: 18:10
開始時間: 18:30
終了時間: 20:30
申込み: 不要・整理券配布
・17:45頃より整理券を配布。開場時間になりましたら、整理券の番号順にご入場頂きます。
・整理券をお持ちの方のご入場が終わりしだい、通常の受付を開始します。
受講料: 無料
定員: 先着180名まで
概要: 
 明治時代、緑茶が日本の主力輸出商品であったことはよく知られています。実は、その八割はアメリカに輸出されていました。ちなみに、当時のアメリカでは主に緑茶が消費されていました。
 本講演では、日本の商人たちがいかにしてアメリカ市場向けに「Japan Tea ブランド」を構築したか、その努力と挑戦の過程を考察します。
 さらに、そのブランドは翻って、昭和初期の日本における緑茶の消費パターンに大きな影響を与えることになりました。その側面についてもご紹介したいと思います。
PDFダウンロード

内容

発表者 「Japan Teaブランド」の構築――太平洋を渡った緑茶
ロバート ヘリヤー   ウェイク・フォレスト大学歴史学科(米国)  准教授/国際日本文化研究センター  外国人研究員
コメンテーター 熊倉 功夫   MIHO MUSEUM  館長
司会 佐野 真由子   国際日本文化研究センター  准教授

ページトップへ