2017年11月 << 201712月   年一覧   全一覧

日文研フォーラム

2017年12月12日第316回    日文研フォーラム

場所: ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間: 18:10
開始時間: 18:30
終了時間: 20:30
申込み: 不要・整理券配布
・17:45頃より整理券を配布。開場時間になりましたら、整理券の番号順にご入場頂きます。
・整理券をお持ちの方のご入場が終わりしだい、通常の受付を開始します。
受講料: 無料
定員: 先着180名まで
概要: 
 明治時代、緑茶が日本の主力輸出商品であったことはよく知られています。実は、その八割はアメリカに輸出されていました。ちなみに、当時のアメリカでは主に緑茶が消費されていました。
 本講演では、日本の商人たちがいかにしてアメリカ市場向けに「Japan Tea ブランド」を構築したか、その努力と挑戦の過程を考察します。
 さらに、そのブランドは翻って、昭和初期の日本における緑茶の消費パターンに大きな影響を与えることになりました。その側面についてもご紹介したいと思います。
PDFダウンロード

内容

発表者 「Japan Teaブランド」の構築――太平洋を渡った緑茶
ロバート ヘリヤー   ウェイク・フォレスト大学歴史学科(米国)  准教授/国際日本文化研究センター  外国人研究員
コメンテーター 熊倉 功夫   MIHO MUSEUM  館長
司会 佐野 真由子   国際日本文化研究センター  准教授

ページトップへ