年一覧   全一覧

特別講演会

2003年8月4日 障害者への武道普及の可能性について

送迎バス: 桂駅西口より14:00〜14:15の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
主催: 国際日本文化研究センター

内容

司会 アレキサンダー ベネット   国際日本文化研究センター  助手
講演 『障害者と武道』
ポンタス ヨハンソン   スウェーデン身体障害者武道協会  設立者
講演 『脳性麻痺で寝たきりになった身障児・者と柔道のであい』
村井正直   社会福祉法人わらしべ会  理事長・医学博士
講演 『『日本における障害者への武道指導講習会』報告を通じて』
松井完太郎   国際武道大学  助教授

     年一覧   全一覧

特別講演会

2005年10月19日 ―埴原和郎先生追悼講演会―「日本人の起源」埴原理論を検証して

送迎バス: 桂駅西口より14:00〜14:15の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
主催: 国際日本文化研究センター

内容

司会 井上章一   国際日本文化研究センター  教授
講演 『埴原の二重構造説とその後の展開』
尾本惠市   国際日本文化研究センター  名誉教授
講演 『日本文化の多重構造といくつもの日本』
佐々木高明   元国立民族学博物館  館長
講演 『アイヌ文化と日本文化』
梅原 猛   国際日本文化研究センター  顧問

     年一覧   全一覧

特別講演会

2007年5月21日 国際日本文化研究センター創立20周年記念講演会

送迎バス: 桂駅西口より14:00〜14:15の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
主催: 国際日本文化研究センター

内容

司会 井上章一   国際日本文化研究センター  教授
講演 20年をふり返って
梅原 猛   国際日本文化研究センター  顧問
講演 日本近代化論再訪
ロナルド ドーア   ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス  特別研究員

     年一覧   全一覧

特別講演会

2008年5月29日 日文研特別講演会―片倉もとこ先生退任記念講演会―

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 14:05
開始時間: 15:00
終了時間: 16:30
送迎バス: 桂駅西口より14:00〜14:15の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
主催: 国際日本文化研究センター
概要: 
日本でのフィールド・ワークからはじまり、世界を、ほとんどひとまわりした50年ちかくの間に、発見、研究、思索をかさねたものは数えきれないが、その一つに、「らーは」というコンセプトがある。本来アラビア語である「らーは」は、地球海沿岸やスワヒリ語圏などにもひろがり「喜び」「幸せ」といった意味になっている。日本語では、「ゆとろぎ」としてみた。その中味はどういうものか、ごいっしょに検討してみたいと思う。

内容

挨拶 猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
司会 白幡 洋三郎   国際日本文化研究センター  副所長
講演者 『「らーは」の世界―フィールド・ワークの旅から―』
片倉 もとこ   国際日本文化研究センター  前所長

     年一覧   全一覧

特別講演会

2008年6月21日 日文研・地球研合同シンポジウム「山川草木の思想―地球環境問題を日本文化から考える」

場所: シルクホール(京都産業会館8F 四条烏丸西入ル南側) (京都)
開場時間: 12:15
開始時間: 13:00
終了時間: 17:00
申込み: 不要
受講料: 無料
定員: 申込先着760名
主催: 国際日本文化研究センター研・総合地球環境学研究所

内容

挨拶 金田 章裕   人間文化研究機構  機構長
講演者 『天文本覚論と環境問題』
梅原 猛  哲学者
問題提起 『地球環境問題の根源は農にある』
佐藤 洋一郎   地球研  教授
パネルデスカッション 『地球環境問題と日本』
門川 大作   京都市  市長
パネルデスカッション 『地球環境問題と日本』
小林 隆彰   比叡山延暦寺  長臈
パネルデスカッション 『地球環境問題と日本』
猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
パネルデスカッション 『地球環境問題と日本』
立本 成文   地球研  所長
パネルデスカッション 『地球環境問題と日本』
小松 和彦   国際日本文化研究センター  教授

     年一覧   全一覧

特別講演会

2009年5月9日 京都の文化と環境-水と暮らし-

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 13:00
開始時間: 13:30
終了時間: 16:30
送迎バス: 桂駅西口より12:30〜12:45の間に4台無料バス有
申込み: 不要
受講料: 無料
定員: 先着500名
主催: 国際日本文化研究センター研・総合地球環境学研究所
概要: 
国際日本文化研究センター(日文研)と総合地球環境学研究所(地球研)は、いずれも大学共同利用機関法人 人間文化研究機構の構成機関として、京都に本拠をおいて活動を進めて参りました。  日文研は日本文化に焦点をあてつつ、その国際的な文化的背景や交流の歴史を浮かび上がらせる研究をおこなっています。また地球研は、環境に焦点をあてながら地球規模での環境と人類の営みの相互作用について研究を進めています。このような日文研と地球研の研究は一見対照的に見えますが、両機関の成果を重ね合わせると、学際的で総合的な全く新しい地球人類史を構築できるものと考えられます。  今回の合同シンポジウムは、そのような目論みの第1歩として、京都という日本の文化発信拠点における水に焦点をあててダイナミックな議論を展開しようとするものです。私たちはこのような試みを今後さらに発展させたいと考えています。多くの方々にその成果をご覧頂くとともに、今後にむけてのご支援やご叱正を賜りたく、本合同シンポジウムを開催するものです。

内容

挨拶 猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
挨拶 立本 成文   地球研  所長
司会 佐藤 洋一郎   地球研  教授
講演者 『京都盆地の地形環境を読む』
宇野 隆夫   国際日本文化研究センター  教授
講演者 『京の庭園と水』
白幡 洋三郎   国際日本文化研究センター  教授
講演者 『京の人と水―湧水・地下水』
谷口 真人   地球研  教授
講演者 『京の水と暮らし』
秋道 智彌   地球研  教授
パネルデスカッション 宇野 隆夫   国際日本文化研究センター  教授
パネルデスカッション 白幡 洋三郎   国際日本文化研究センター  教授
パネルデスカッション 谷口 真人   地球研  教授
パネルデスカッション 秋道 智彌   地球研  教授
パネルデスカッション司会 佐藤 洋一郎   地球研  教授

     年一覧   全一覧

特別講演会

2010年5月22日 日文研・地球研合同シンポジウム: 京都の文化と環境-森や林-

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 12:45
開始時間: 13:30
終了時間: 16:30
送迎バス: 桂駅西口より12:30〜12:45の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、電話、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
共催: 総合地球環境学研究所/日文研
概要: 
「国際生物多様性年」にちなんで、「森や林」というテーマで開催し、世界にはどんな「森や林」があるのか、人びとは「森や林」をどう見てきたのかなどの話題について専門分野を異にする専門家が語り合う。

内容

挨拶 猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
挨拶 立本 成文   地球研  所長
司会 桐山 元位   国際日本文化研究センター  研究協力課長
講演者 『地球の森世界からみるモリの日本』
山田 勇   地球研  共同研究員

京都大学名誉教授
講演者 『近代日本の自然観を反省する』
末木 文美士   国際日本文化研究センター  教授
発表 『考古学からみた古代の木材利用』
村上 由美子   地球研  プロジェクト研究員
発表 『極寒シベリアの森と暮らし』
藤原 潤子   地球研  プロジェクト研究員
ディスカッション 山田 勇   地球研  共同研究員

京都大学名誉教授
ディスカッション 末木 文美士   国際日本文化研究センター  教授
ディスカッション 小松 和彦   国際日本文化研究センター  副所長
ディスカッション 村上 由美子   地球研  プロジェクト研究員
ディスカッション 藤原 潤子   地球研  プロジェクト研究員
ディスカッション司会 秋道 智彌   地球研  副所長

     年一覧   全一覧

特別講演会

2010年6月11日 Tokyo Public Lecture: 文化勲章受章記念講演会

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 13:50
開始時間: 15:00
終了時間: 16:30
送迎バス: 桂駅西口より14:00〜14:15の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、電話、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
主催: 国際日本文化研究センター
概要: 
速水融名誉教授の文化勲章受章を記念して「人類の遺産-徳川日本の宗門改帳-」と題して講演する。

内容

挨拶 猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
挨拶 梅原 猛   国際日本文化研究センター  顧問
司会 笠谷 和比古   国際日本文化研究センター  教授
講演者 『人類の遺産-徳川日本の宗門改帳-』
速水 融   国際日本文化研究センター  名誉教授

     年一覧   全一覧

特別講演会

2011年5月21日 日文研・地球研合同シンポジウム: 環境問題はなぜ大事か-文化から見た環境と環境から見た文化-

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 12:45
開始時間: 13:30
終了時間: 16:30
送迎バス: 桂駅西口より12:30〜12:45の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、電話、FAX、e-mail
定員: 申込先着600名
主催: 国際日本文化研究センター

内容

挨拶 猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
司会 白幡 洋三郎   国際日本文化研究センター  教授
講演者 『貿易と環境問題』
猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
講演者 『持続可能な発展を再考する:復旧・復興・新興』
立本 成文   地球研  所長
講演者 『煙たい月は泣いているのか?』
荒木 浩   国際日本文化研究センター  教授
講演者 『人のいる自然・人のいない自然』
阿部 健一   地球研  教授
討論 猪木 武徳   国際日本文化研究センター  所長
討論 立本 成文   地球研  所長
討論 荒木 浩   国際日本文化研究センター  教授
討論 阿部 健一   地球研  教授
討論司会 佐藤 洋一郎   地球研  副所長

     年一覧   全一覧

特別講演会

2012年3月29日 猪木所長退任記念講演会

場所: 国際日本文化研究センター内セミナー室1 (京都)
開始時間: 16:00
終了時間: 17:00
主催: 国際日本文化研究センター

内容

司会 小松 和彦   国際日本文化研究センター  副所長
発表 『日文研で感じたこと、考えたこと』
猪木武徳   国際日本文化研究センター  所長
コメンテーター 井上 章一   国際日本文化研究センター  教授

     年一覧   全一覧

特別講演会

2012年9月14日 日文研・地球研合同シンポジウム: 文化・環境は誰のもの?

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 12:30
開始時間: 13:30
終了時間: 16:30
送迎バス: 桂駅西口より12:15〜12:30の間に4台無料バス有
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: ハガキ、FAX、e-mail
定員: 申込先着500名
主催: 国際日本文化研究センター研・総合地球環境学研究所

内容

発表 『中世の「惣」および「universitas/communitas」をめぐって』
マルクス リュッターマン   国際日本文化研究センター  准教授
発表 『「人類の無形文化遺産」になった祇園祭-文化は誰のものにされようとしているのか-』
佐野 真由子   国際日本文化研究センター  准教授
発表 『里山の生態系サービスと今後の国土管理』
嘉田 良平   地球研  教授
発表 『分かちあう豊かさ:環境と文化』
阿部 健一   地球研  教授
討論 マルクス リュッターマン   国際日本文化研究センター  准教授
討論 佐野 真由子   国際日本文化研究センター  准教授
討論 嘉田 良平   地球研  教授
討論 阿部 健一   地球研  教授
討論進行 鞍田 崇   地球研  特任准教授

     年一覧   全一覧

特別講演会

2014年11月11日 特別講演会

場所: 国際日本文化研究センター内講堂(日文研ホール) (京都)
開場時間: 16:30
開始時間: 17:00
終了時間: 18:30
申込み: 不要
受講料: 無料
定員: 500名(先着順)
主催: 日文研

ご注意:
自家用車でのご来場は、近隣への迷惑ともなるため、固くお断りしております。また、桂駅と日文研を往復する無料送迎バスの運行はございませんので、あしからずご了承願います。

内容

司会 細川 周平   国際日本文化研究センター  教授
講演Ⅰ 上野 隆三  東映京都撮影所殺陣師・東映剣会特別会員
講演Ⅱ 大野 裕之  日本チャップリン協会会長 脚本家・プロデューサー
講演Ⅲ 小川 順子  中部大学人文学部・大学院国際人間学研究科准教授
(講演要旨)
 由緒ある寺社や歴史的景観の残る京都は時代劇製作が盛んで、日本のハリウッドとしての長い歴史を誇っています。近年では、太秦スタジオの斬られ役に焦点を当てた映画『太秦ライムライト』のヒットが記憶に新しいところです。今回の講演会では、同作品の脚本家でプロデューサーの一人でもある大野裕之氏をお招きし、制作の話や現在の「時代劇」観(ハリウッド時代劇やデジタル殺陣など)をお話しいただきます。また、大野氏に加えて太秦の東映京都 撮影所のベテラン殺陣師の上野隆三先生をお招きし、『殺陣という文化』の著者、小川順子中部大学准教授を聴き手にお話を伺います。時代劇の面白さ、殺陣の美学が皆様に伝われば幸いです。

発表は日本語のみ

     年一覧   全一覧

特別講演会

2017年3月28日 小松和彦所長文化功労者顕彰記念講演会
※お申し込み受付は締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

場所: 国際日本文化研究センター内講堂 (京都)
開場時間: 12:45
開始時間: 13:30
終了時間: 15:00
送迎バス: 往路(日文研行):阪急桂駅東口ロータリー南側 「Y! mobile」前より、12:30~13:00の間に4台無料バス有。
復路(阪急桂駅行):日文研講堂前より、講演会終了後に順次4台無料バス有。
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: 2月27日(月)必着で下記によりお申込み下さい。
① 申込方法:
ハガキ、FAX、E-mail のいずれかで、催し物名・氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号を明記のうえお申込み下さい。
1申込につき2名までお申込みできます。(同伴者氏名(ふりがな)も必ずご記入ください。)
3名以上のお申込みは無効とさせていただきますのでご了承ください。
※お電話での申し込みはお受けしておりません。
② 申込 ・ 問合せ先:
〒610-1192
京都市西京区御陵大枝山町3-2
国際日本文化研究センター 研究協力課
(TEL)075-335-2078
(FAX)075-335-2092
(E-mail)koenkai*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)

※備 考: 抽選結果は当落を問わず3月14日(火)頃にお知らせいたします。なお、定員に達しない場合は期日以降もお申込みを受け付けます。

ご注意:
お車でのご来場は、近隣へのご迷惑となりますので、固くお断りしております。
但し、車椅子をご利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、お申し込みの際にその旨をお申し出いただき、必ず事前に許可をお取り願います。
定員: 500名(抽選による)
主催: 日文研
PDFダウンロード

内容

挨拶 稲賀 繁美   国際日本文化研究センター  副所長
司会 劉 建輝   国際日本文化研究センター  副所長
講演 妖怪と戯れて四〇年-私の学問人生-
小松 和彦   国際日本文化研究センター  所長

(講演要旨)
日本には驚くほど多様で豊かな妖怪文化が生み出され、盛衰を重ねながら、現在に至っている。妖怪を探ることの面白さに取り憑かれ、次々に湧き起こる疑問を解き明かそうと妖怪たちと戯れているうちに、気づくと四〇年あまりもの歳月が流れてしまった。このたび文化功労者に選ばれたのを機に、私の研究の足跡を振り返りながら、妖怪とは何か、妖怪研究の魅力はどこにあるのか、妖怪研究はどうあるべきか等々を語ってみたい。

     年一覧   全一覧

特別講演会

2017年5月17日 創立30周年記念講演会
※お申し込み受付は締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

場所: 国際日本文化研究センター内講堂 (京都)
開場時間: 12:15
開始時間: 13:00
終了時間: 15:00
送迎バス: 往路(日文研行):阪急桂駅東口より、11:45~12:15の間に4台無料バス有。
復路(阪急桂駅行):日文研講堂前より、講演会終了後に順次4台無料バス有。
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: 4月20日(木)必着で下記によりお申込み下さい。
① 申込方法:
ハガキ、FAX、E-mail のいずれかで、催し物名・氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号を明記のうえお申込み下さい。
1申込につき2名までお申込みできます。(同伴者氏名(ふりがな)も必ずご記入ください。)
3名以上のお申込みは無効とさせていただきますのでご了承ください。
※お電話での申し込みはお受けしておりません。
② 申込 ・ 問合せ先:
〒610-1192
京都市西京区御陵大枝山町3-2
国際日本文化研究センター 研究協力課
(TEL)075-335-2078
(FAX)075-335-2092
(E-mail)koenkai*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)

※備 考:抽選結果は当落を問わず5月1日(月)頃にお知らせいたします。なお、定員に達しない場合は期日以降もお申込みを受け付けます。

ご注意:
お車でのご来場は、近隣へのご迷惑となりますので、固くお断りしております。
但し、車椅子をご利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、お申し込みの際にその旨をお申し出いただき、必ず事前に許可をお取り願います。
定員: 350名(抽選による)
PDFダウンロード

内容

挨拶 小松 和彦   国際日本文化研究センター  所長
司会 牛村 圭   国際日本文化研究センター  教授
第1部 日文研と私―回顧と展望
梅原 猛   国際日本文化研究センター  顧問
(聞き手)磯田 道史   国際日本文化研究センター  准教授

(講演要旨)
日本史家の磯田道史准教授を聞き手に、初代所長の梅原猛顧問が日文研創立の理念、多彩な研究者を集めた経緯や苦心、建物に込められた思想、等々をふり返り、現下の思索の対象である「人類哲学」、人類の「闇」と「光」の問題にも言い及びながら、日文研の将来に思いをめぐらせる。

第2部 日本研究の諸問題―歴史と歴史学をめぐる省察
ジェームズ・E・ケテラー   シカゴ大学  教授

(講演要旨)
欧米での政府主導の体系的日本研究の契機は真珠湾攻撃にある。先行する日本研究はむろん存在するが、20世紀中葉の戦争のもたらした意義は等閑視できない。創立以来日文研はこの外から見た日本研究の潮流の最前線にあり、日本を中心に据えた研究と日本主義あるいは日本人論研究の中心地の役割を担い、30年にわたり世界の研究者を招いて扱いの難しい諸問題に取り組んできた。本講演ではこの過去に触れ、日本史・日本研究の歴史と歴史学の諸相を検討し、日文研に有り得るいくつかの将来にも思いを馳せてみたい。

発表は日本語のみ

     年一覧   全一覧

特別講演会

2017年5月26日 創立30周年記念イベント 映画「ハッピーアワー」上映&監督・主演女優トーク

場所: 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
開場時間: 10:45
開始時間: 11:30
終了時間: 19:10
申込み:
受講料: 無料
申込み方法: 4月28日(金)5月8日(月)正午必着で下記によりお申込み下さい。
① 申込方法:
ハガキ、FAX、E-mail、ウェブフォームのいずれかで、催し物名・氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号を明記のうえお申込み下さい。
1申込につき2名までお申込みできます。(同伴者氏名(ふりがな)も必ずご記入ください。)
3名以上のお申込みは無効とさせていただきますのでご了承ください。
※お電話での申し込みはお受けしておりません。
② 申込 ・ 問合せ先:
〒610-1192
京都市西京区御陵大枝山町3-2
国際日本文化研究センター 研究協力課
(TEL)075-335-2078
(FAX)075-335-2092
(E-mail)koenkai*nichibun.ac.jp(*を@に置き換えてください)
(Webform)https://webform.nichibun.ac.jp/ja/2017_05_26

※備 考:抽選結果は当落を問わず5月12日(金)15日(月)頃にお知らせいたします。なお、定員に達しない場合は期日以降もお申込みを受け付けます。

ご注意:
お車でのご来場は、近隣へのご迷惑となりますので、固くお断りしております。
定員: 定員446名(申込者多数の場合、抽選)
PDFダウンロード

内容



2017年5月26日(金)に京都芸術劇場 春秋座において、創立30周年記念イベント「映画『ハッピーアワー』上映&トーク」を開催します。国内外で数々の映画賞を受賞する映画『ハッピーアワー』を上映し、 今最も注目すべき監督の濱口竜介氏や主演女優を招いてトークを行います。どこにでもいる“普通”の30代後半の4人の女性たちが抱える不安や悩み、 それに向き合う彼女たちの心の揺れ動きを、 5時間17分に渡って精緻に描いた作品です。主演の4人は演技経験がないにもかかわらず、ロカルノ映画祭最優秀女優賞を受賞しました。まさに、映画とは何か、演技とは何か、我々の常識を揺さぶる問いに、 本作の上映&トークを通して迫っていきます。
(トークゲスト)
監督:濱口竜介さん(プロフィールは30周年特設サイトに掲載しております)
女優:田中幸恵さん(第68回ロカルノ国際映画祭 最優秀女優賞受賞)

10:45 -    開場
11:30 -11:40 開会あいさつ(井上章一教授)
11:40 -13:00 第一部 上映
13:00 -14:00 休憩
14:00 -15:40 第二部 上映
15:40 -16:00 休憩
16:00 -18:00 第三部 上映
18:00 -18:10 休憩、舞台転換
18:10 -19:00 監督トーク
19:00 -19:10 閉会あいさつ(細川周平教授)

ページトップへ