2015年10月 << 201610月   年一覧   全一覧

一般公開

2016年10月29日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料
PDFダウンロード

プログラム

講堂イベント: 「日文研データベースで遊ぼう」

鯰絵、外書、古地図、古写真、妖怪図などを中心にご紹介します。

・時間:10:30〜12:00(開場10:00)
・紹介者:磯田 道史 准教授、フレデリック・クレインス 准教授、森 洋久 准教授、
             石上 阿希 特任助教、今井 秀和 機関研究員
・進行:井上 章一 教授

■一押しポイント
磯田准教授を筆頭に若手の研究者が一押し日文研データベースの面白さを紹介。使い方や研究との関係を実際にデータベースを使いながら愉快に語ります。パソコンを使わない井上教授が進行役を務める座談会。お楽しみに。

■関連企画
・データベースの紹介コーナー
・所蔵資料の展示

講堂イベント: 創立30周年プレイベント「浪曲を聴く会」

1万枚以上の浪曲SPレコードを所蔵する日文研が初の浪曲公演を開催します。
浪曲研究や浪曲SPレコードアーカイブスについてもご紹介します。

・時間:14:15〜16:30(開場13:45、途中休憩あり)
・出演者:京山 幸枝若、京山 小圓嬢
・挨拶:小松 和彦 所長
・ゲストスピーカー:真鍋 昌賢 客員教授 / 北九州市立大学教授
・司会・コメンテーター:古川 綾子 特任助教

■一押しポイント
浪曲界きっての人気者・二代目京山 幸枝若(きょうやま こうしわか)師と、2013年度に浪曲界初の芸術祭大賞を受賞するなど円熟の芸で聴衆を魅了し続ける京山 小圓嬢(きょうやま こえんじょう)師による名人会を開催。日文研の浪曲SPレコードコレクションについてや、大衆文化研究における浪曲の位置づけなどもわかりやすく紹介します。

関連講演: 「日本初の著作権訴訟―浪曲師・桃中軒雲右衛門事件―」

・時間:12:40〜13:10
・開催場所:セミナー室1(定員80名)
・講師:山田 奨治 教授
・司会:榎本 渉 准教授

■一押しポイント
浪曲などの音源と著作権は常に密接な関係にあります。日文研所蔵の桃中軒 雲右衛門(とうちゅうけん くもえもん)の浪曲レコードの音源を披露しつつ、近年、著作権問題にとりくむ山田教授が著作権についてわかりやすく説明します。

その他のイベント: ・ミニ上映「大衆化された探検隊―川口浩探検をみてみよう!」
 (石川 肇助教の解説あり、14:30〜15:30、定員80名)
・教員によるセンター施設案内(11:55〜、12:25〜、12:45〜、13:05〜、各回定員30名)
・妖怪スタンプラリー
・共同研究紹介のパネル展示
・論文・レポートに役立つ 大学生・院生のための図書館ガイダンス(15:00〜15:45、定員20名)
・あなたの写真入りカレンダープレゼントコーナー(10:00〜、先着200名)
・お弁当販売コーナー(80個限定)
など

※子供向けお楽しみイベントもあります。
※催しはすべて日本語で行います。

交通案内: 阪急桂駅~日文研 無料送迎バス
【往路】(日文研行)
  阪急桂駅東口発 9:45(3台)、 11:10(1台)、13:15(2台)
【復路】(阪急桂駅東口行)
  日文研発 16:45(4台)、 17:00(1台)
※台数に限りがあり、先着順でのご利用となりますことご了承ください。
※無料バスの乗降場所が桂駅東口になりました。
※無料送迎バスを増便しました。

路線バス
「桂坂中央行き」のバスにて「桂坂小学校前」又は「花の舞公園前」下車
<阪急桂駅西口から> 市バス「西5」「西6」(約30分)
                                  京阪京都交通バス「20」「20B」(約20分)
<JR京都駅から> 京阪京都交通バス「21」「21A」「26」(約45分)
<JR桂川駅から> ヤサカバス「1」「6」(約30分)
※日文研内に来場者用駐車場はありません。周辺にも駐車スペースはありませんので、マイカーでのご来場は固くお断りしております。
※お身体の不自由な方で、マイカーでのご来場を希望される場合は、事前にお問い合わせください。



VIDEO

日文研データベースで遊ぼう
 

▶ ビデオサーバで閲覧する
 
 
 

ページトップへ