年一覧   全一覧

一般公開

1991年11月1日 一般公開

プログラム

セミナー:【講演】「大枝の風土と歴史」村井康彦 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示】「外国語で書かれた日本研究図書」

     年一覧   全一覧

一般公開

1992年11月4日 一般公開

プログラム

セミナー:【講演】「『道草』と『自己実現』」河合 隼雄 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示】「外国語で書かれた日本研究図書」

     年一覧   全一覧

一般公開

1993年11月4日 一般公開

プログラム

セミナー:【講演】「ロシアはどこへ行くのか-エリツィンの命運と今後の日露関係-」木村 汎 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示】「描かれ、写された日本」(古写真の展示)、「海外日本美術品データベース公開」

     年一覧   全一覧

一般公開

1994年11月1日 一般公開

プログラム

セミナー:【講演】「あそびを考える」中西 進 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示】写真展(「描かれ、写された日本」、「秋の大原野」)、貴重書(外国語で書かれた日本研究図書)、画像データベース公開(情報に触れてみよう)

     年一覧   全一覧

一般公開

1995年11月8日 一般公開

プログラム

セミナー:【講演】「蝶からヒトへ」尾本恵市 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示】「外国から見た昔の日本」(洋書、古地図、古写真の展示)、「インターネットを使ってみよう!」(インターネットの実体験)、「京の庭園」(浅野喜市写真展)

     年一覧   全一覧

一般公開

1996年11月5日 一般公開

プログラム

セミナー:【講演】「日本詩歌の幸福-読むことのよろこび-」芳賀 徹 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示】「古写真で見る昔の日本」(古写真の展示)、「インターネットを使ってみよう!」(インターネットの実体験)、「京の花ごよみ」(浅野喜市写真展示)、「教官紹介−『日文研な人たち』」 

     年一覧   全一覧

一般公開

1997年11月6日 一般公開

プログラム

セミナー:【公開討論会】「学術的研究に対するマルチメディアの活用」パネリスト:尾本惠市 日文研教授、黒須里美 日文研助手、村上征勝 統計数理研究所教授、近藤喜美夫 メディア教育開発センター教授、久保正敏 国立民族学博物館助教授 司会:山田奨治 日文研助教授
シンポジウム:【講演】「『ヴェニスの商人』の裁判と『大岡裁き』―屁理屈の比較法文化」石井紫郎 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
その他の展示・催し物:【展示等】「旅行記と絵図・古写真でたどる昔」、「インターネットとCG体験コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

1998年11月6日 一般公開

プログラム

セミナー:【公開討論会】「文化としての科学技術―ロボット研究開発を例として―」パネリスト:赤澤 威 日文研教授、中島尚正 東京大学工学系研究科長、新井民夫 大阪大学教授、井上博允 東京大学教授、浅田 稔 大阪大学教授、水野博之 元松下電器副社長、平井和雄 本田技研、司会:石井紫郎 日文研教授
シンポジウム:【講演】「リストラの社会史―武士とサラリーマン―」園田英弘 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
その他の展示・催し物:【展示等】「共同研究の紹介等」、「3次元データとバーチャルリアリティの実体験」、「日文研所蔵貴重資料展」、「インターネットとパソコンによるカレンダー作り」

     年一覧   全一覧

一般公開

1999年10月14日 一般公開

プログラム

セミナー:【公開討論会】「野球と日本文化」 パネリスト:石井紫郎 日文研教授、ジェームズ バクスター 日文研教授、早川聞多 日文研助教授、池井 優 慶応大学教授、杉本尚次 関西大学教授、中牧弘允 国立民族学博物館教授、平野裕一 東京大学助教授
シンポジウム:【講演】「忠臣蔵と武士道」笠谷和比古 日文研教授
講演会:【研究紹介】(パネル PC画像等の展示)「長江文明の探求」代表者 安田喜憲 日文研教授、「四国遍路の世界」代表者 頼富本宏 日文研教授、「コンピューター画像の魅力」、「江戸時代初期の洛中洛外散歩」
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「日文研の活動状況」、「日文研所蔵貴重資料の紹介」、「インターネット体験とカレンダー作り」、

     年一覧   全一覧

一般公開

2000年10月28日 一般公開

プログラム

セミナー:【公開討論会】「日蘭交流400年」 パネリスト:松田 清 京都大学教授、勝盛典子 神戸市立博物館学芸員、笠谷和比古 日文研教授、稲賀繁美 日文研助教授
シンポジウム:【講演】「飛鳥の女帝―推古と斉明―」千田 稔 日文研教授
講演会:【研究紹介】(復元弓矢 パネル 短冊 PC画像等の展示)
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書室、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「日文研所蔵貴重資料の紹介」、「パソコンによるカレンダー作り」

     年一覧   全一覧

一般公開

2001年10月30日 一般公開

プログラム

セミナー:【SCS公開討論会】「異界ルネッサンス」 パネリスト:小松和彦 日文研教授、山田奨治 日文研助教授、香川雅信 兵庫県立歴史博物館学芸員、常充 徹 国立歴史民俗博物館助教授、島村恭則 国立歴史民俗博物館助手、山田慎也 国立歴史民俗博物館助手
シンポジウム:【講演】「師と弟子」山折哲雄 日文研所長 
講演会:【研究紹介】「大英帝国・英連邦の文明論的研究‐日本との比較を中心に‐」、「総合雑誌『太陽』の学際的研究」、「類似性の科学と模倣の情報文化に関する研究」、「文化資料とビジュアルデータベース‐京都の古地図‐」、「京都の古地図と歴史情報の新しいデータベース」、「日文研各専任教官の研究活動紹介」
教員によるセンター施設案内: 【施設公開】講堂、図書館、展示室、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「京の歳時記‐都年中行事‐」、「日伊交流の軌跡‐日本におけるイタリア年によせて‐」、「パソコンによるカレンダー作り」

     年一覧   全一覧

一般公開

2002年11月12日 一般公開

プログラム

セミナー:【ビジュアルなデータベースの紹介・解説】「日本研究資料の可視化:画像データベースの紹介」 (1)「日本研究資料の可視化について」合庭 惇 日文研教授 (2)「日本研究資料の可視化事例として」(2)-1「『宗田文庫図版資料データベース』の紹介」光田和伸 日文研助教授 (2)-2「データベース『都年中行事画帖』の紹介」早川聞多 日文研教授
シンポジウム:【講演】「学問を楽しむ」山折哲雄 日文研所長
講演会:【研究活動紹介】「画像と音声による日文研各専任教官の研究活動紹介」
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書館、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「朝鮮半島を旅する‐日韓交流年に寄せて‐」、「縮緬本」、「パソコンによるカレンダー作り」、「所内案内ツアー」
その他の展示・催し物:【共同研究の紹介】

     年一覧   全一覧

一般公開

2003年10月17日 一般公開

プログラム

セミナー:【ビジュアルなデータベースの紹介・解説】日文研のデータベースは面白い (1)「日文研のデータベースについて」合庭 惇 日文研教授 (2)「平安京都都名所図会」早川聞多 日文研教授 (3)「GLOBALBASE:空間と文化」森 洋久 日文研助教授
シンポジウム:【研究発表】「ヌードの歴史」井上章一 日文研教授 
講演会:【講演】「日文研と私」梅原 猛 日文研顧問
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書館、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「化物婚礼絵巻」、ダーウィン著「種の起源」、「パソコンによるカレンダー作り」、「所内案内ツアー」
その他の展示・催し物:【共同研究の紹介】【研究活動紹介】「画像と音声による日文研各専任教官の研究活動紹介」

     年一覧   全一覧

一般公開

2004年11月19日 一般公開

プログラム

セミナー:【データベースで再現する歴史的空間】「平安京都名所図会」講師:早川聞多 日文研教授、「つながる歴史的空間」講師:森 洋久 日文研助教授
シンポジウム:【ミニシンポジウム】「コマーシャルのなかの日本文化」発表:山田奨治 日文研助教授、呉 咏梅 日文研外国人研究員、コメンテーター:アレキサンダー ベネット 日文研助手
講演会:【講演会】「徒然草逍遥−『恋の隠し方』その後−」光田和伸 日文研助教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書館、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「プランゲ文庫《雑誌コレクション》マイクロフィッシュ―1945−1949 占領期日本の刊行物―」、「パソコンによるカレンダー作り」、「所内案内ツアー」
その他の展示・催し物:【研究活動紹介】「画像と音声による日文研専任教員の研究活動紹介」、「共同研究のパネル展示」

     年一覧   全一覧

一般公開

2005年11月25日 一般公開

プログラム

セミナー:【貴重書データーベースへのいざない】「貴重書データーベースの紹介」「米国議会図書館所蔵浮世絵DBの構築」早川聞多 日文研教授
シンポジウム:【ミニシンポジウム】「昭和戦前期における東アジアのツーリズム−修学旅行を中心に」パネリスト:鄭 在貞 日文研外国人研究員、劉 建輝 日文研助教授、司会:園田英弘 日文研教授
講演会:【講演会】「日本人の異文化観−イスラーム理解をめぐって−」片倉もとこ 日文研所長 
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書館、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「伊能忠敬〈大日本沿海輿地全図〉全8図―フランスで発見された伊能中図の原寸複製―」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員による所内案内ツアー」、「教員の書籍販売」
その他の展示・催し物:【研究活動紹介】「画像と音声による日文研専任教員の研究活動紹介」、「共同研究のパネル展示」

     年一覧   全一覧

一般公開

2006年10月25日 一般公開

プログラム

セミナー:【デジタルの地図っておもしろい】「GIS:地理情報システムの紹介」新井菜穂子 日文研助教授、「考古学GISを楽しむ」宇野隆夫 日文研教授
シンポジウム:【ミニシンポジウム】「アジアから見た日本のイメージ」張 哲俊 日文研外国人研究員、松田利彦 日文研助教授 
講演会:【講演会】「日本のデモクラシー:その問題点を探る」猪木武徳 日文研教授
教員によるセンター施設案内:【施設公開】講堂、図書館、セミナー室
日文研所蔵資料の展示:【展示・施設案内等】「江戸の人が描いた世界と日本―海野文庫より―」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員による所内案内ツアー」、「教員の書籍販売コーナー」
その他の展示・催し物:【研究活動紹介】「画像と音声による日文研専任教員の研究活動紹介」、「共同研究のパネル展示」

     年一覧   全一覧

一般公開

2007年10月25日 一般公開

プログラム

セミナー:【文化資料研究企画室セミナー】「絵入源氏物語データベースの紹介」 合庭惇 日文研教授
シンポジウム:【ミニシンポジウム】「”終戦”の記憶を問い直す−世界の中の日本」佐藤卓己 京都大学准教授、池内恵 日文研准教授
講演会:【講演会】「桂離宮にエロスを読む」 井上章一 日文研教授【特別企画】「日文研を撮る」フォトコンテスト
教員によるセンター施設案内:【施設ガイド】図書館、コモンルーム
日文研所蔵資料の展示:【展示等】「酒呑童子をめぐる物語」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員の書籍販売コーナー」
その他の展示・催し物:【研究活動紹介】「共同研究のパネル展示」

     年一覧   全一覧

一般公開

2008年10月30日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

セミナー:【文化資料研究企画室】
「古事類苑データベースの紹介」
話者:早川聞多 日文研教授
シンポジウム:「世界から見た日本研究」
話者:ひろたまさき 大阪大学名誉教授、桂島宣弘 立命館大学教授、小松和彦 日文研教授、磯前順一 日文研准教授
「教員の新著・研究をめぐって-一般参加者との歓談会-」
話者:井上章一 日文研教授、小松和彦 日文研教授
講演会:「西洋人の見た日本」
話者:フレデリック・クレインス 日文研准教授
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室
日文研所蔵資料の展示:「フランス人の見た日本-日仏交流150周年記念-」
その他の展示・催し物:「共同研究のパネル展示」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員の書籍販売コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

2009年10月29日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

セミナー:【文化資料研究企画室】
「日文研古地図データベースの紹介-京都の古地図-」
話者:早川聞多 日文研教授、森洋久 日文研准教授
シンポジウム:「画像が語る近世、近代の民俗と宗教」
話者:ジョン・ブリーン 日文研准教授、郭南燕 日文研准教授
「教員の新著・研究をめぐって-一般参加者との歓談会-」
松田利彦 日文研准教授
講演会:「他者と出会うために-日本文化の論じ方」
発表者:磯前順一 日文研准教授
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室、教員研究室
日文研所蔵資料の展示:「京都の古地図と名所図会」
その他の展示・催し物:「共同研究のパネル展示」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員の書籍販売コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

2010年10月21日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

セミナー:【文化資料研究企画室】
「日本文化と妖怪」
話者:小松和彦 日文研副所長、早川聞多 日文研教授、森洋久 日文研准教授
シンポジウム:「近代国家の文化と暴力」
話者:ジョン・ブリーン 日文研准教授、佐野真由子 日文研准教授、瀧井一博 日文研准教授、司会:山田奨治 日文研准教授
講演会:【日文研木曜セミナー特別企画】
「私の日本研究」
発表者:猪木武徳 日文研所長、早川聞多 日文研教授、倉本一宏 日文研教授、瀧井一博 日文研准教授、司会:井上章一 日文研教授
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室、教員研究室
日文研所蔵資料の展示:「絵巻物・錦絵にみる日本の妖怪」
その他の展示・催し物:「共同研究のパネル展示」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員の書籍販売コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

2011年10月27日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

セミナー:「地震と生きる日本人」
話者:小松和彦 日文研副所長、安田喜憲 日文研教授、司会:細川周平 日文研教授
シンポジウム:「日文研の海外活動紹介」
話者:郭南燕 日文研准教授、佐野真由子 日文研准教授、松田利彦 日文研准教授、司会:細川周平 日文研教授
講演会:【日文研木曜セミナー特別企画】
「私の日本研究」
発表者:荒木浩 日文研教授、稲賀繁美 日文研教授、宇野隆夫 日文研教授、マルクス・リュッターマン 日文研准教授、司会:瀧井一博 日文研准教授
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室、教員研究室
日文研所蔵資料の展示:「江戸の大地震と鯰絵」
その他の展示・催し物:「共同研究のパネル展示」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員の書籍販売コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

2012年11月1日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

セミナー:「海の彼方から見た日本」
話者:フレデリック・クレインス 日文研准教授、劉建輝 日文研准教授、司会:マルクス・リュッターマン 日文研准教授
シンポジウム:「Spiritual Japan―霊的な日本―」
話者:韋立新 日文研外国人研究員、金哲会 日文研外国人研究員、魯成煥 日文研外国人研究員、司会:ジョン・ブリーン 日文研教授
講演会:「私の江戸時代」
発表者:笠谷和比古 日文研教授、伊東貴之 日文研教授、司会:井上章一 日文研教授
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室、教員研究室
日文研所蔵資料の展示:「海の彼方から見た日本―1日だけの貴重書展示―」
その他の展示・催し物:「共同研究のパネル展示」、「カレンダープレゼントコーナー」、「教員の書籍販売コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

2013年10月31日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

セミナー:『前近代の日常生活史』
司会: マルクス リュッターマン 日文研准教授
話者: 倉本 一宏 日文研教授、パトリシア フィスター 日文研教授
シンポジウム:『日本文化における折衷と習合』
司会: 荒木 浩 日文研教授
パネリスト:  伊東 貴之 日文研教授、末木 文美士 日文研 教授、早川 聞多 日文研教授、細川 周平 日文研教授
講演会:『私の研究の国際性および学際性』
司会: 山田 奨治 日文研教授
話者: 戸部 良一 日文研教授、榎本 渉 日文研准教授
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室
日文研所蔵資料の展示:『くらしの歴史をふりかえる』 —日記および日常生活史史料—
*「日文研所蔵資料の展示」スペースでは、倉本 一宏教授による「摂関期古記録」についての解説があります。
その他の展示・催し物:「共同研究のパネル展示」、「日文研の映像とデータベースコーナー」、「出版物閲覧コーナー」、「カレンダープレゼントコーナー」、「書籍販売コーナー」

     年一覧   全一覧

一般公開

2014年10月30日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料

プログラム

 「日文研外国人研究員大集合!――それぞれの日本研究――」
▶10:20-11:50
・司会 佐野真由子 准教授
・出演者 外国人研究員/外来研究員
 「所員の新刊図書を斬る!」
▶13:25-14:25
・講評 末木文美士 教授
・司会 倉本一宏 教授
・出演者 小松和彦 所長、井上章一 副所長、荒木浩 教授、稲賀繁美 教授、笠谷和比古 教授、早川聞多 教授、磯前順一 准教授
シンポジウム:「再発見・京のみやこ」
▶14:45-16:30
・司会 笠谷和比古 教授
・出演者
倉本一宏 教授「『源氏物語』と平安の都」
榎本渉 准教授「知られざる中世京都の地図」
森洋久 准教授「古地図の作り方――京都を中心に」
井上章一 副所長 「町家と西洋館」
教員によるセンター施設案内:図書館、コモンルーム、第1共同研究室
日文研所蔵資料の展示:「日本・世界の古地図と木版源氏物語絵巻」
その他の催し:・北浦寛之助教解説による懐かしの映画上映コーナー
・日文研データベースの紹介コーナー(寺村裕史准教授の解説付)
・あなたの写真入りカレンダープレゼントコーナー
・共同研究のパネル展示
・出版物閲覧コーナー
・書籍販売コーナー

※催しはすべて日本語で行います。

     年一覧   全一覧

一般公開

2015年10月29日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開場時間: 10:00
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 第二部のみ要事前申込
※10月13日をもって申込を締め切りました。

参加費: 無料
申込み方法: ハガキに住所・氏名・ふりがな・電話番号を明記の上、下記申込先までお送りください。
10月13日(火)必着。ハガキ1枚につき2名まで応募できます。2名での応募の場合は、氏名等も2名分必ずご記入ください。申込者多数の場合、抽選を行います。(定員560名)
当選の方にのみ当選ハガキを10月21日頃にお送りいたします。
申込先: 〒610-1192 京都市西京区御陵大枝山町3-2
国際日本文化研究センター 企画広報室 「一般公開」係
PDFダウンロード

プログラム

講堂での催し:「戦後70年を迎えて」
【第一部】徹底討論:<戦後>をどう考えるか
▶10:30-12:00
・提題:磯前順一 教授、牛村 圭 教授、韓 錫政 外国人研究員
・司会兼提題:坪井秀人 教授
・進行:楠 綾子 准教授
「戦後」を問い直すことを課題として研究活動を行っている日文研所内の教員 (外国人研究員を含む)によって、私たちはいま「戦後」どう捉えて、それにどう向き合えばよいのかという根本的な問題を議論する公開討論を行います。白熱した討論になること間違いなしです。

講堂での催し: 「戦後70年を迎えて」
【第二部】私の戦後・京都の戦後―現在、未来へのメッセージ
要事前申込
▶14:30-16:30(10分の途中休憩あり)
・講師:梅原 猛 顧問、小松和彦 所長、井上章一 副所長
・司会:伊東貴之 教授
「戦後」の時代と日文研の歴史を振り返りながら、「戦後70 年」の諸問題について、率直な意見表明や提言を行いながら、それを受ける形で、日文研が立ち向かおうとしている現在、そして未来の課題についての展望を自由に語ります。そして最後に「戦後の京都文化」について、歴史と文化を面白くとらえる見方について語ります。ご期待ください。

その他の催し: ・教員によるセンター施設案内
・日文研データベースの紹介コーナー(森 洋久准教授の解説付)
・日文研所蔵資料の展示「戦後70年と大衆文化」
・共同研究紹介のパネル展示
・出版物閲覧コーナー
・北浦寛之助教解説による懐かしの映画上映コーナー
・あなたの写真入りカレンダープレゼントコーナー
・妖怪スタンプコーナー
・所員の著作販売コーナー

※催しはすべて日本語で行います。

交通案内:阪急桂駅~日文研間の無料バス
【往路】(日文研行)
  阪急桂駅東口発 9:45(2台)、 12:00(4台
12:00発は2台→4台に増便しました
【復路】(阪急桂駅東口行)
  日文研発 16:45(2台)、 17:00(2台)
※無料バスの乗降場所が桂駅東口になりました。

通常交通手段
桂坂中央行きのバスにて「桂坂小学校前」又は「花の舞公園前」下車
・阪急桂駅西口から 市バス「西5」「西6」(約30分)
・京阪京都交通バス「20」「20B」(約20分)
・JR京都駅から 京阪京都交通バス「21」「21A」「26」(約45分)
・JR桂川駅から ヤサカバス「1」「6」(約30分)
※日文研内に来場者用駐車場はありません。周辺にも駐車スペースはありませんので、マイカーでのご来場は固くお断りしております。
お身体の不自由な方で、マイカーでのご来場を希望される場合は事前にお申込みください。

     年一覧   全一覧

一般公開

2016年10月29日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料
PDFダウンロード

プログラム

講堂イベント: 「日文研データベースで遊ぼう」

鯰絵、外書、古地図、古写真、妖怪図などを中心にご紹介します。

・時間:10:30〜12:00(開場10:00)
・紹介者:磯田 道史 准教授、フレデリック・クレインス 准教授、森 洋久 准教授、
             石上 阿希 特任助教、今井 秀和 機関研究員
・進行:井上 章一 教授

■一押しポイント
磯田准教授を筆頭に若手の研究者が一押し日文研データベースの面白さを紹介。使い方や研究との関係を実際にデータベースを使いながら愉快に語ります。パソコンを使わない井上教授が進行役を務める座談会。お楽しみに。

■関連企画
・データベースの紹介コーナー
・所蔵資料の展示

講堂イベント: 創立30周年プレイベント「浪曲を聴く会」

1万枚以上の浪曲SPレコードを所蔵する日文研が初の浪曲公演を開催します。
浪曲研究や浪曲SPレコードアーカイブスについてもご紹介します。

・時間:14:15〜16:30(開場13:45、途中休憩あり)
・出演者:京山 幸枝若、京山 小圓嬢
・挨拶:小松 和彦 所長
・ゲストスピーカー:真鍋 昌賢 客員教授 / 北九州市立大学教授
・司会・コメンテーター:古川 綾子 特任助教

■一押しポイント
浪曲界きっての人気者・二代目京山 幸枝若(きょうやま こうしわか)師と、2013年度に浪曲界初の芸術祭大賞を受賞するなど円熟の芸で聴衆を魅了し続ける京山 小圓嬢(きょうやま こえんじょう)師による名人会を開催。日文研の浪曲SPレコードコレクションについてや、大衆文化研究における浪曲の位置づけなどもわかりやすく紹介します。

関連講演: 「日本初の著作権訴訟―浪曲師・桃中軒雲右衛門事件―」

・時間:12:40〜13:10
・開催場所:セミナー室1(定員80名)
・講師:山田 奨治 教授
・司会:榎本 渉 准教授

■一押しポイント
浪曲などの音源と著作権は常に密接な関係にあります。日文研所蔵の桃中軒 雲右衛門(とうちゅうけん くもえもん)の浪曲レコードの音源を披露しつつ、近年、著作権問題にとりくむ山田教授が著作権についてわかりやすく説明します。

その他のイベント: ・ミニ上映「大衆化された探検隊―川口浩探検をみてみよう!」
 (石川 肇助教の解説あり、14:30〜15:30、定員80名)
・教員によるセンター施設案内(11:55〜、12:25〜、12:45〜、13:05〜、各回定員30名)
・妖怪スタンプラリー
・共同研究紹介のパネル展示
・論文・レポートに役立つ 大学生・院生のための図書館ガイダンス(15:00〜15:45、定員20名)
・あなたの写真入りカレンダープレゼントコーナー(10:00〜、先着200名)
・お弁当販売コーナー(80個限定)
など

※子供向けお楽しみイベントもあります。
※催しはすべて日本語で行います。

交通案内: 阪急桂駅~日文研 無料送迎バス
【往路】(日文研行)
  阪急桂駅東口発 9:45(3台)、 11:10(1台)、13:15(2台)
【復路】(阪急桂駅東口行)
  日文研発 16:45(4台)、 17:00(1台)
※台数に限りがあり、先着順でのご利用となりますことご了承ください。
※無料バスの乗降場所が桂駅東口になりました。
※無料送迎バスを増便しました。

路線バス
「桂坂中央行き」のバスにて「桂坂小学校前」又は「花の舞公園前」下車
<阪急桂駅西口から> 市バス「西5」「西6」(約30分)
                                  京阪京都交通バス「20」「20B」(約20分)
<JR京都駅から> 京阪京都交通バス「21」「21A」「26」(約45分)
<JR桂川駅から> ヤサカバス「1」「6」(約30分)
※日文研内に来場者用駐車場はありません。周辺にも駐車スペースはありませんので、マイカーでのご来場は固くお断りしております。
※お身体の不自由な方で、マイカーでのご来場を希望される場合は、事前にお問い合わせください。

     年一覧   全一覧

一般公開

2017年10月28日 一般公開

場所: 国際日本文化研究センター
開始時間: 10:00
終了時間: 16:30
申込み: 不要
参加費: 無料
PDFダウンロード

プログラム

交通案内:無料送迎バス、路線バスでの日文研へのアクセスはこちら

講堂イベント
(定員600名):
歴史マンガをどう読むか?
10:30-12:00(開場10:00)

登壇者
荒木 浩 教授/細川 周平 教授/吉村 和真 客員教授/エルナンデス・アルバロ プロジェクト研究員
司会
大塚 英志 教授

今や日本の教養を代表するとも言われるマンガ文化。真剣に読むと案外と難しい。「萌え」やBLはなじみがなくても、専門に近いテーマを扱った作品ぐらいはきっちり読んでみせるぞと、日文研のベテラン教員が歴史マンガの名作に挑みます。対するは、日本とメキシコのマンガ学の気鋭研究者。どちらが聴衆をうならせる「読み方」ができるのでしょうか。


日本史の戦乱と民衆
14:00-16:30(開場13:30、途中休憩あり)

登壇者
倉本 一宏 教授/磯田 道史 准教授/フレデリック・クレインス 准教授/呉座 勇一 助教
司会
石上 阿希 特任助教

古代から近代までの日本史上には数々の内乱がありました。壬申の乱・応仁の乱・大坂の陣・戊辰戦争などです。これらの大乱のなかで民衆は、どのように生きたのか。民衆に焦点をあてて、日文研の教員が日本の内戦史を読み解きます。通史的、国際的に内乱を比較することで、日本の戦乱と民衆生活についての新しい歴史像がみえてきます。


その他講演
セミナー室1
(定員80名):
昭和初期の演芸SPレコードと大衆文化
12:40-13:10

講師
古川 綾子 特任助教

日文研所蔵の演芸レコードを聴き比べながら、レコードの普及とともに人気を高めた浪曲や戦争を主題にした漫才レコードの「笑い」について等、レコードから見えて(聴こえて)くる昭和初期の大衆文化の多様性を探ります。


「大正の広重」吉田初三郎とタイムトリップ!
14:30-15:30

講師
石川 肇 助教

大正から昭和初期に起こった大観光ブーム。そのブームの中、日本内外の旅行パンフレットに鳥瞰図を取り入れたのが吉田初三郎。「大正の広重」と呼ばれた彼の鳥瞰図を見ながら、一緒にタイムトリップしませんか?!



展示: 大衆文化研究ポスター展示:日文研所蔵資料の紹介
所蔵の貴重な資料より、各時代の絵巻や戯画、漫画などをポスターで紹介します。日本の大衆文化を通時的・国際的に考察するプロジェクトについて知っていただく機会となればと思います。

「大正の広重」が描いた日本と外地
― 吉田初三郎の旅行案内図 ―

吉田初三郎は大正から昭和にかけて活躍した京都生まれの鳥瞰図絵師。京阪電車路線案内図を皇太子時代の昭和天皇に見初められ躍進し、外地までをも美しく、わかりやすく描きました。そのうちのとっておきを紹介します。

見てわかる日文研
創立30周年を記念し、日文研の歴史と行事を中心に、ひと目でわかるよう統計データにしました。日文研が若かったころの写真も、井上章一教授のコメント付きでお見せします!

所蔵資料の展示「図書館からみる日文研の30年」
一般公開の各イベントに関連する外書・鳥瞰図・SPレコード・漫画などを展示します。創立から30年間で収集してきた貴重な資料ばかりです。
※展示会場にて展示資料目録を配布します。

共同研究紹介のパネル展示
今年度実施している16課題の共同研究の概要と関連する画像等をパネルで紹介します。


その他催し:教員によるセンター施設案内
11:55〜, 12:25~, 12:45~, 13:05~(各回15分前受付開始)所要時間35分
各回定員30名
教員が自身の研究や各施設の利用方法などに触れながらセンター内をご案内します。(ご案内経路に階段があります)

あなたの写真入りカレンダープレゼントコーナー
10:00~(先着200名)
日文研の風景などを背景にした、あなたの写真入りのオリジナルカレンダーをプレゼントします。

論文・レポートに役立つ大学生・院生のための図書館ガイダンス
14:00-14:45(10:00受付開始)
定員20名
日文研の図書館を使って論文・レポートの作成を考えている大学生・院生のみなさんに利用方法をご案内します。
※学生証をご提示ください。

データベースの紹介コーナー
公開しているデータベースの概要をパネルや動画で紹介します。また実際にパソコンでデータベースをご覧いただけます。

出版物閲覧コーナー
研究の成果を和文と英文で図書や学術雑誌として刊行し、国内外に広く発信しています。それら日文研関連の出版物を自由にご覧いただけます。

所員の著作販売コーナー
所員個人の著作などを販売しています。

親子で楽しむ あおぞら図書館
所蔵図書から、子どもも読める妖怪にまつわる本を中心にピックアップしました。自由に手に取って青空の下で読書をお楽しみください。

妖怪パネル・顔出しパネル
写真撮影ができます!

妖怪スタンプラリー
所蔵資料の妖怪モチーフをスタンプにしました。スタンプをすべて押した方にはプレゼントをお渡しします。(先着200名)

※催しはすべて日本語で行います。
※お弁当(限定100食)・その他軽食販売します。




交通案内:阪急桂駅~日文研 無料送迎バス
【往路】(日文研行)阪急桂駅東口発 9:45(3台)、 11:10(1台)、13:00(1台)
【復路】(阪急桂駅東口行)日文研発 16:45(4台)、 17:00(1台)

※台数に限りがあり、先着順でのご利用となりますことご了承ください。
※無料送迎バスの乗降場所が桂駅東口になりました。


路線バス
【往路】「桂坂中央行き」のバスにて「桂坂小学校前」又は「花の舞公園前」下車
阪急桂駅西口から
市バス「西5」「西6」(約30分)
京阪京都交通バス「20」「20B」(約20分)
JR京都駅から
京阪京都交通バス「21」「21A」「26」(約45分)
JR桂川駅から
ヤサカバス「1」「6」(約30分)

※ご注意:お車でのご来場は、近隣へのご迷惑となりますので、固くお断りしております。
但し、車椅子をご利用されている等、公共交通機関でのご来場が困難であり、自家用車でのご来場を希望される場合は、事前にお問い合わせください。

ページトップへ